9/22_マイお題に参加

お題「今日のよかった(^^)」

今日は学位記授与式がありました。

前年度は、式典にも関わらず、ジャケットを持ってこなかった学生がいたとか・・・まさかとは思いましたが、今年度はみなさんジャケット着用されていて一安心。女性は袴かな?なんて思っていましたが、スーツをビシッと着て参加されていました。

3月に比べると人数が少ないので、大学全体が華やかな雰囲気になることはありませんでしたが、学位記を持って大学を離れていく彼らはとても輝いて見えましたし、元気がもらえたような気がします。
(彼らからしたら、あんた誰?でしょうし、私からしても名前しか知らなかったわけですが・・・)

今まで学んだことを十分に生かして、活躍してほしいですね。
ガンバレ 新社会人!!

別れもあれば、出会いもあるわけで。
後期からの非正規生の入学手続の期間も終わり、いよいよ後期の始まりが迫ってきたな。といった感じです。

では、この辺で。

9/16_うまくいかない

新しい試みとして、朝ジョギングを始めました。
だいたい朝6時ごろから20分程度を目安に近くを走るようにしているのですが、
今日の天気は台風の影響もあってか不安定・・・
朝起きたときは雨がパラパラ来ていたので、止めようかと思っていたら止んだので着替えて外に。
走り出して5分くらいするとパラパラと。これはいまから強く降ってくるなと思い、帰宅。
もちろん、雨は止みましたよ。。。

もう一度外へ出るかどうか。それが今の悩みどころ。

9/9_嬉しいやら悲しいやら

数年前になりますが、知り合いが入籍しました。
その後留学のため、式を挙げられずにいましたが、今度式をするようで、招待された。
かれこれ2年近く会っていないのでとても楽しみ。

式の招待状が届いた次の日、親戚が亡くなった。
数か月前からそうも体調がよくなく、入院しているという話は親から聞いていた。
招待状の喜びはどこへやら。

通夜、葬式の日程を確認。あ・・・

オカルトはあまり信じないようにしているのですが、この親戚の配偶者の方が亡くなられたとき、葬式を六曜の友引でされ、すると翌月親戚の親戚が亡くなったという噂を聞いていました。

いろいろ事情があるとは思いますが、今回も友引・・・
親に聞くと今回も体調が思わしくない親戚がいるとのこと。

そんなことないですよね???

 

ちなみに、ウィキペディアには、以下の内容が。

 友引[編集]

「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事で何事も引き分けになる日、つまり「共引」とされており、現在のような意味はなかった。陰陽道で、ある日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあり、これが六曜の友引と混同されたものと考えられている。

「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われる。

葬式を行うと、友が冥土に引き寄せられる(=死ぬ)とのジンクスがあり、友引の日は火葬場を休業とするのが基本である(ただし後述の通り、近年では営業しているところもある)。しかし、六曜仏教とは関係がないため、友引でも葬儀をする宗派(浄土真宗)がある。また、火葬場での友引休業を廃止する自治体も増えている(特に複数自治体が合同で運営している火葬場や、火葬炉改修工事などにより火葬能力が低下する場合に行われることが多い)。逆に慶事については“幸せのお裾分け”という意味で、結婚披露宴の引出物をこの日に発送する人もいる。

「ともびき」という読みが一般的となっているが、中国語の「留引」を「ゆういん」と読むことがルーツとなっており、訓読みとなって「ともびき」と当てはめたため、「友を引く」こととは関係がなかった。なお「留引」は、現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処を、という「状況を推し量り行動する日」だった。

まぁ。超高齢化社会になってきていますし、そら親戚も範囲を広げれば・・・うん。

やっぱり占いなんて気の持ちようでしょ!
といいつつ、大安・仏滅など、何が変わるわけでもないですが、気にします。。。

 

では、この辺で。

9/5_正解は?

異動して2か月。最近会う人からこう問われる。

「最近どう?慣れた?」

これに対して

「いやーまだまだですよー」なのか「バリバリやってます」なのかどっちを出していくべきなのでしょう・・・

やはり「ぼちぼちですね」と無難なのがいいのかな。

 

個人的には、頑張ってるつもりなので、頑張ってますよ感をだしたいのですが、質問するほうも想定があると思うので、とんがったことは言わないようにしよう。

はぁ。

9/2_研修に行ってきた

昨日、発達障害に関する研修にいってきました。

1.社会でうまく生きていくには、「自己理解」が必要
自己理解とは、自分がそういった特性を持っていることを自身で把握していること。
→診断名を知っていることではない。
例えば、感覚過敏でこういった音・匂いが苦手や話を聞くのが苦手なので、文章にしてほしい など。
自分のつまづくところがわかっていること。
自己理解が進んでいないと本人の自覚がないので、解決に向けた相談がうまく進まないことも。

2.自閉症スペクトラムの認知の特性
①視覚優位
②細かく、パーツ
③2つ以上の情報処理が困難
④パターンが決まっていた物事は理解しやすい
⑤記憶がいい
⑥感覚過敏性
⑦パニックを起こしやすい

①見えないものが苦手(話ことば、相手の気持ち・考え)、予測、時間経過、自分の行動)
→会話は見えないので、見えるものに目が行き、話しに集中できない(一部しか聞いていない)
→見通しがもてないので、浪費してしまう。(今、お金あるし。)
→相手の視点に立った時に自分の行動がみえない。(相手から○○していたよ。と言われて気づく)
・「初めて」に抵抗がある。
→言葉ではイメージが持てない。やってみせることが大切。
・自分の見たもので世界を理解する。
→サリーとアン課題

kokoromasic.com

視覚優位の話で興味深かったのは、「バイバイ」をするとき、手のひらを自分に向けて振ることがあるという話でした。
相手に向けて振るのが、一般的かと思いますが、視覚優位の特性をお持ちの方は、相手が手のひらを向ける→手のひらに注目→自分も手のひらを自身に向けて振る。という流れがあるようです。

②例えばある人を観察した後に質問すると、時計の形や眼鏡、服のロゴなどの情報は取れるが、結局その人は何をしていたか問うと、見ていなかった。ということが起きるそうです。
集団行動していても、近くにいるとパーツに目が行くので、遠くから何をしているのか観察している例も。これも特性を持っている人からすれば集団参加。何をしているか観察し、輪の中へ戻り活動する。(初めてに抵抗がある)
周りの大人の理解がないと、観察のため離れる→集団の中へ手を引き連れていく→離れる→連れていき注意する→嫌になる。集団参加したくなくなる。 といった流れになることも。
集団から孤立する理由をしっかり聞いてあげることが大切か。

③音読するときに、読むことはできるが、ストーリーの理解はしていない。など。
意外と日本の国語教育って、③の特性をもっているとしんどいんだろうなと。。。

⑦パニックには、うわーーーってなるものと完全に思考が停止してしまうもの、言葉が止まらなくなるものがあるそうです。
パニックに陥っているときは、特に言葉は入ってこないようで、まずは、落ち着くことができる空間に連れていき、落ち着いてから何があったか聞くようにするのがよいとのこと。(⑤の記憶力が言い分、フラッシュバックも起こしやすいのだとか。辛い。)

3.自己理解が進んでいない事例

幼児期:できないことが多い。指示が通じない。先生から逃げる
↑専門機関での受診拒否
小学校期:指示がわからないのでやらない。周りが用意をする。
↑家族から学校へ要望
中学校期:小学校ほどやってくれない。周りも小学校ほどやってくれない→いじめられていると思い親に相談。親が抗議
高校期:親も義務教育が終わったのだからとできない本人を責める。

最悪のパターンですね。

特性が目立つのは新しい環境に置かれたとき。
幼小中高・・・と「能力」ではなく「年齢で」環境がかわる。

4.発達障害
発達障害とは定型発達とは異なる発達の経路をとるタイプの子の総称
・発達の差があり、変化もする
・医師によっても診断に差がでる。※年齢と特性によって診断のされやすさがある
 幼児期では言葉の遅れ・多動 →ADHD
 学齢期では学習の修得ができない →LD
 成人期では自立した社会参加ができない →ASD

5.専門機関との出会い
・サインを見逃すと出会えない
・継続した通院の難しさ(年齢によって特性が変わるため、収まったから通院をやめるケース)
・その場の安心か、将来の見通しか(医師にどういう診断結果をもらいたいか。これなら「まだ」大丈夫。vs今からこれをしてください!!)
・早期診断は早期解決にはならない(これからの負荷の軽減にはなる)
早期診断すれば安泰といった考えがあったので、ショック。
けど、考えればその特性はなくなるものではないので当たり前ですね。いかにコントロールする術をもつか。対応力を付けるか。
・持っている特性は幼児期はその特性に左右されるが、青年期に行くにつれ、持っていた特性よりもこれまでのスキルに左右されることが大きくなる。早期診断により、これから必要になるすきるをいかに修得させるかが自立のうえではかなり重要。
なんでもしてあげるのはどうなんだ?

6.支援と援助 たいへんと困った
・支援とは、支えることであり、本人の意志が大切。意志のもと周りがなにをしてあげられるか。
・援助とは、助けることでその障壁となるものを取り除くこと。
こういった言葉の整理も考えられれる。

困ったという感覚をもたない特性を持っている人も。
周りから見れば、困っているように見えても、本人は「がんばればなんとかなりそう」なもの事案は困ったではなく、たいへん と捉えるよう。
例えば、(落とし物が多い)財布がない。家にどうやって帰ろう。
    (日程管理ができない)課題の提出が明日だ。何もできてない。

こういった感じは困ったとはならないようで、カウンセリングも「何か困ったことないですか」と問われると「ない」という返事になるそう。聞き方を変える必要性。

7.知られていない発達障害DCD(発達性協調運動障害)
・年齢相当の動きができない。例えば振り向くのに腰をひねらず、全身を向ける。
・着席困難、起立姿勢が不自然
しかし、これらは不器用ということであり、何度も練習することで修得可能。しかし、続けないと忘れる。

では、この辺で。

www.chuohoki.co.jp

8/30_最近

最近1

夜起きれなくなってきている。
とくに疲れているわけでもないのに・・・ついうたたねをしてしまっている。
寝てる時間が増えるだけでは、なんか損した気になるので、うたた寝しないように早く寝てその分早く起きるようにした。

早く起きることで、朝の時間を有意義に過ごせるかななんて思っていたのですが、結局テレビをぼぉーっと見てるだけでなにも変わらなかった。。。

明日こそ・・・

 

最近2

シェービング後、ものすごく痒い。
昨年あたりから肌のトラブル(特に乾燥とそれに伴う痒み・痛み)が増えてきている。
年を取ったということなのでしょう。
年齢に見合った手入れを心掛けねば。しかしどうすれば痒みが抑えられるのだろう・・・

いろいろ試してみます。

 

では、この辺で。

8/27_病気・・・

この数日で起きたことを書こうかなと。

一昨日、私は仕事が休みだったので、実家に帰ることに。
その夜のこと、彼女からLINEで連絡が。
「お父さんが脳卒中で緊急搬送された」

no-kosoku.net

月の頭にお会いした時には、元気にされていたので、かなり驚きました。
しかし、メタボ体型ですので、かなりありうるなと。

とりあえず彼女へ電話をしますが、つながりません。
これは実家に向けて帰ってきているんだなと思い、私も自宅へ帰る準備を始めました。
「きっと入院だと思うけど、どこの病院だ?今晩駆け付けたほうがいいか?邪魔かな?明日でいいかな?遅いかな?何か持っていこうか?」親といろいろ相談しました。

こういう時、今後を楽観的・悲観的どのようにとらえられますでしょうか。

私は、完全に悲観的にとらえてしまっていて、結婚前だけど葬儀はどうなるのかな。とか不謹慎なことばかり考えていました。

なかなか連絡がつかないので、彼女のお母さんに入院先を聞こうと携帯の操作を始めようとしたところで、彼女から電話が・・・

取ってみると案外落ち着いた口調。ちなみに第一声は「ごめーん」でした。

 

経緯と現況を聞きました。

・仕事中親から連絡があり「のうけっかんがつまって緊急搬送された」ことを聞く。
・彼女は職場の人に「のうけっかん」がつまることはどういうことか聞いたそうで、「脳卒中」のことを教えていただき、急いで帰宅。
・帰宅後、現状を確認するため、再度親に連絡「脳卒中どうなった??」
 →「脳卒中って誰が?」
  →「お父さん脳卒中じゃないの?」
   →「????」
・どうやら「のうけっかん」は聞き間違いで「にょうけっかん」だったとのこと。
※症状が「尿路結石」だったそうなので、「にょうけっかん」ではなく「尿管」と思われます。
・今は、診察も終えて帰宅しているとのこと。

いやー驚きましたが、無事でなによりでした。「の」と「にょ」って音が近いので聞き間違いは起きやすいですね。文字で伝えることの大切さを痛感。

ちなみに、その次の日。親子でサンリオへ行ったとさ。

めちゃ元気やないかい!

では、この辺で。